トピックス

2020年5月

高齢者あんしんセンター希望館たより 6月1日号

PDFファイル 2ページ(269KB)

手作りマスク、ありがとうございます!

5月23日(土)に宮崎様より、たくさんの手作りマスクを頂戴しました。
子ども達の登校に向けて、毎日のマスクを検討していた矢先のプレゼントです。
センスの良い色柄や形に早速、子ども達が喜んで着用をしています。
ご厚意、感謝いたします。どうもありがとうございました!

八幡の家 石垣

 

【しえんほーむだより】2020年6月号[No.211]

コストコさんありがとうございます

5月15日(金)コストコさんより沢山のお菓子や生活用品を頂戴しました。
子ども達の大好きなお菓子もシャンプーもコストコサイズの大容量!
早速毎日のおやつにいただきます。
コストコさん、どうもありがとうございました!

八幡の家 石垣

 

初夏のBBQ

 ♪上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す 春の日♬
 5月1日。快晴。高崎シンフォニーロータリークラブ様の御厚意により、ゴールデンウィーク中に全5ユニットそれぞれが、中庭でBBQを開催しました。
あすなろの一コマです。朝からやる気満々の子ども達。喧嘩もするが仲も良い。「僕も運ぶ~。」と4歳のM君もお手伝い。力を合わせて準備完了、さぁ焼くぞ!いざ焼き始めると、「僕も焼きたい。」とコンロを囲む子ども達。トングは2つ。さぁどうする?見事に譲り合って無事解決。様々な肉や野菜や魚介類、さらにはフランクフルトまで、子ども達の手によって、まるで生きてるかのごとく踊っていました。子ども達、とっても楽しそうでした。焼きあがった物を「はい、どうぞ。」と手渡され、「ありがとう。」と受け取る。「おいしいね。」陽だまりに笑顔が溢れました。
 満腹の後はレクリエーション。立見保母企画の巨大シャボン玉。シャボンという名の優しさで、子どもをすっぽり包み込みました。シャボン玉に夢を込めて、天まで届けと切に願い、空に飛ばしました。
 新型コロナによる緊急事態宣言下の中、子ども達は外出もままならず、目に見えぬストレスは計り知れません。そんな折、このような機会を与えてくださった高崎シンフォニーロータリークラブの皆様に、心より感謝申し上げます。全5ユニットがBBQを満喫させていただき、忘れえぬ思い出となりました。
 本当に、ありがとうございました。
 ♪思い出す 夏の日♬  「一人ぽっちじゃなかった。」って思い出してほしいな。

児童養護施設希望館 保母 市川 哲夫

 

高崎和田ライオンズクラブ様より寄贈

<ユニット すずらん>
・4月30日高崎和田ライオンズクラブ様より、各ユニットに食パン、ハーゲンダッツ、洗剤の寄贈がありました。
すずらんでは、頂いた食材を使ってハニートースト作り。子どもたちは、パンの上にアイスやフルーツを盛り付けてオリジナルトーストを作って食べました。子どもたちからは、「幸せ」、「ケーキみたいにしたパンはじめて食べた」といった声があり、楽しい時間を過ごしました。

<ユニット わかくさ>
・ユニット内では、高校生が自立に向けて洗濯を自分で行っていますが、わかくさにも高校生がいるので、さっそく使わせていただきます!
本当にありがとうございました。

児童養護施設希望館 すずらん保母 原野 有希乃
わかくさ保母 和田 美香

 

入居者のご家族様より

ケアハウスホープヒルズ入居者のご家族様より、新型コロナウイルス感染防止のためフェイスシールド10個ご寄贈頂きました。鳥取県よりお取り寄せ下さったとのことです。
その御心に感謝申し上げます。

ケアハウス 塚越

 

多くの方に支えられて

群馬県児童養護施設連絡協議会の会長を、昨年度に引き続き務めさせていただいています。先日、高崎和田ライオンズクラブ様(赤見浩数会長)より、県内の児童養護施設の子どもたち、職員のためにと、マスクと消毒液を寄贈していただきました。厳しい生活が続く中で、多くの方々の思いやりに心が温まるでき事でした。ただただ感謝です。

児童養護施設希望館 施設長 赤池裕

 

揚げ立てサクサク☆オランダコロッケ

5月4日(月)にいつもお世話になっている(株)オルビスさんにお願いして、「オルビス揚げ物デー」と称して沢山のコロッケやメンチ、唐揚げを揚げていただきました。
子ども達はまるでお祭り会場のような出店の前で、コロッケが揚がるのを待ち、出来立てをいただくという何とも贅沢な時間を持ちました。揚げたてのコロッケをハフハフと真剣に頬張る姿は、見ているこちらまで幸せになれるような光景でした。なかなか外出が適わない中、子ども達は非日常を味わうことが出来ました。
(株)オルビスさん、どうもありがとうございました!!

八幡の家 石垣

 

【しえんほーむだより】2020年5月号[No.210]

Loading...
ページの先頭に戻る?