トピックス

2019年10月

「西・塚沢・浜尻地区 情報交換会」を行いました。

児童家庭支援ホームは、地域の子育て家庭の支援に当たっておりますが、今回、地域を支えてくださっている西・塚沢・浜尻地区の地区会長、民生委員地区会長、主任児童委員の方々をお呼びし、10月20日希望館ふれあい交流会というイベントの中で、情報交換会を行いました。社会的資源として、地域のご家庭をどう支援できるか、どんな連携が取れるかなど、みなさんで話し合いました。
つながり合って地域を守っていくことが大切だと改めて感じ、今後もこのような機会を持ちたいと思いました。
参加してくださった方々、お忙しい中本当にありがとうございました。

児童家庭支援ホーム 相談員 箱田 久美子

 

【しえんほーむだより】2019年11月号[No.204]

 

希望館 KO-HO-[納涼祭号]

希望館

PDFファイル 4ページ(3,499KB)

希望館落語会

10月6日(日)希望館落語会が開催されました。
メンバーの皆さまは、渋川市西部地域包括支援センターで忙しく働いていらっしゃるお2人の他、ナント中学3年生の学生さん!初々しくも堂々とした語りに聞き惚れてしまいました。ケアハウス・養護老人ホームのご利用者が集まり、いつもは静かなケアハウスの食堂に笑い声が響いていました。素敵な時間をありがとうございます。

ケアハウス 塚越 直美

 

お誕生日!!

めでたくお誕生日を迎えたご利用者様。
調理課からお誕生日ケーキと、担当寮母さんからプレゼントを頂きこの笑顔!
また来年も、この素敵な笑顔を見せて下さいね。

養護老人ホーム 海澤 稔子

 

八幡の家夏祭り! ~お・も・て・な・し~

令和元年8月23日、八幡の家夏祭りが開催されました。今年はメインステージを設置し、子ども達の元気な「ひまわり」が一層雰囲気を盛り上げてくれました。
八幡小学校からお借りした大きなテントでは、子ども達と職員が協力してかき氷やベビーカステラなどの各ブースを出店。子ども達が一生懸命「いらっしゃいませー!」と呼び込みや販売をする可愛らしい姿は、まさに夏祭りのスローガンである『お・も・て・な・し』そのものでした。また、デイサービス六郷友の家の皆さんによる力作『子ども神輿』を子ども達が元気な声で「わっしょい、わっしょい」と担ぐ初々しい姿や、襲雷舞踊団様による会場全体を巻き込んだダンスパフォーマンスにより、例年にない活気あふれる夏祭りとなりました。夜は恒例の“肝試し”で今年も夏祭りの幕を閉じました。
地域住民の皆様、また協賛して頂いたコカ・コーライーストジャパン株式会社高崎セールスセンター様、ビックつばめ高崎店様、ご協力ありがとうございました。子ども達の記憶に残る夏の思い出となりました。

八幡の家 齊藤 壮貴

 

【しえんほーむだより】2019年10月号[No.203]

素敵な司厨士会ランチ♪

9月23日(月)、全国司厨士協会 北関東地方本部 高崎支部の皆様が来館され、子ども達と職員にフレンチフルコースをふるまってくださいました。
子ども達はシェフ達の姿を見た時から興味津々!「コックさんが来たー!」「あの帽子すごく高いよね」と大喜び。
いつものダイニングが真っ白なクロスとピカピカのカトラリーでレストランのようになると、みんなの背筋がピンと伸びて、今か今かとワクワクする様子が伝わってくるようです。
前菜から順々に運ばれてくる華やかな料理に大喜びし、普段は苦手な野菜や魚も、いつもとは違う味やおしゃれな盛り付けで「この野菜は何かな、これはどうやって食べるの?お魚もお肉もめっちゃおいしい!!」と積極的に味わっていました。
全体的にボリュームのある料理でしたが、食の細い子もデザートまでペロリ。子どもって正直ですね。男子ユニットではパンのお替りの声も多く聞かれたようです。
ちなみに、後から何が美味しかったか聞くと、「全部!」の声が沢山聞かれました。
司厨士会の皆様、素晴らしい経験をどうもありがとうございました!!

八幡の家 石垣

 

Loading...
ページの先頭に戻る?