希望館を支えるみんな

デイサービス 寮母新井 博之

日々少しずつ成長し、
福祉人として大きく
ステップアップしたい。

介護の仕事を通して
自分自身も成長していくために入職

大学では人間社会学部で学びました。当然、就職にあたっても、その知識が生かせる職場を中心に考え、希望館に出会うことができたのです。老人介護と児童福祉の2つの分野ですぐれた実績を持ち、特に老人介護の分野では、特養から養護老人ホーム、デイサービスなど多彩なサービスを提供。ここなら介護の仕事を通して、自分自身も成長できる。こう思って、入職を決めました。現在は、幅広い介護サービスのなかでも、デイサービスの施設で働いています。

先輩職員について、
徐々に仕事の幅を広げていく

デイサービスの仕事は、自宅で生活されているご利用者が対象になるので、自宅への送迎から入浴・食事の介助、レクリエーション、機能訓練といったものになります。初めは、ほとんど何もわからない状態からのスタートでしたが、先輩職員について一つひとつ仕事の仕方を学び、少しずつ業務の幅を広げていくことができました。現在では、ひと通りの業務を一人でできるようになっています。特に、人と話すことが得意ではなかったのですが、ご利用者や職員とのコミュニケーションもしっかり取れるようになってきました。

介護の知識や技術以上に
人間的な成長ができる仕事

仕事のやりがいとしては、やはりご利用者や家族から「ありがとう」と言っていただけることですね。仕事ですから当然、大変なこともあります。でも、その言葉を聞くと、報われた気がして大変さが吹き飛びます。目標としては、そうした感謝の言葉を日々かけていただける職員になること。そのためには、介護の知識や技術も大切ですが、それ以上に人間として成長していくも欠かせません。現状に満足せず、毎日少しずつでも介護について学び、福祉人として大きくステップアップしていきたいと思っています。

新井 博之のプロフィール

2012年入職
デイサービス 寮母

一番うれしかったのは、ご利用者から「若いのに頑張っているね。成長したね」と言っていただけたことです。