マイナビ2018
  1. ホーム
  2. 行動計画(一覧)
  3. 行動計画

行動計画

子育て中の職員の皆様へ
子育て中の職員の上司の皆様へ
(社会福祉法人希望館「育児・介護休業規定」より抜粋)

「育児休業規定は分かりづらい」という声を受けて抜粋版を作成しました。分かりやすくした分だけ、言葉足らずのところもあるかも知れません。規定を活用する上で、解釈に自信がなかったり、心配なことがあったら遠慮なく事務課へご確認ください。

1. 育児休業

入職して1年以上たち、育児休業後に再び希望館で働く予定の方であれば、常勤・非常勤問わず「育児休業」を取得できます。

  1. (1)育児休業は原則として新生児が満1歳になるまでです。
  2. (2)条件がそろえば1歳2ヶ月まで育児休業できます。
  3. (3)また別の条件次第では最大1歳6ヶ月まで取得できます。

※ 上記 (2)・(3) については育児休業の申請を行う際に、事務課へお問い合わせください。

2. 子の看護休暇

入職して6ヶ月以上たった職員(勤務日数が週2日以下の場合を除く)は、子が傷病のために世話をする場合、または予防接種や健康診断を受けさせるために、「子の看護休暇」という特別有給休暇を取得することが出ます。

  1. (1)「子の看護休暇」は4月1日から翌年3月31日までに、対象となる子ども1人につき5日、子どもが2人以上の場合は10日まで取得できます。
  2. (2)対象となる子どもは中学校に上がる前(小学6年生の3月31日まで)の子どもです。
  3. (3)通常の年次有給休暇が残っている場合は、そちらを先に使っていただきます。
  4. (4)2時間単位で取得します。取得前に施設長に申し出てください。

3. 所定外労働の免除、時間外労働の制限、深夜業の制限

  1. (1)3歳未満の子を養育している職員から申し出があった場合には、原則として所定労働時間を超えて勤務を求めません。
  2. (2)また、小学校に上がる前の子どもを養育している職員から申し出があった場合には、原則として超過勤務命令を出しません。
  3. (3)やはり小学校に上がる前の子どもを養育している職員から申し出があった場合には、深夜業(夜22:00から朝5:00までの間に勤務すること)をさせません。
    但し、その職員の同居の家族の中にその未就学児の面倒を見られる人がいる場合は、申し出そのものを認めない場合がありますので、事前によく確認しておいてください。

4. 育児短時間勤

3歳未満の子を養育している職員の所定労働時間が6時間を超えている場合、申し出ていただければ1日の労働時間を最大で6時間までに短縮することができます。
6時間未満への短縮は認められませんので、1日あたりの労働時間が6時間以下の職員は対象とはなりません。

5. その他

  1. (1)育児を理由とした休業、免除、制限については「子の看護休暇」以外実際に勤務しなかった時間分の給与は支給いたしません。
  2. (2)育児休業を終えて復職する場合には、原則として休業前の部署・職種に配属されます。
  3. (3)育児休業中であっても社会保険料の支払い義務は停止いたしません。請求があった場合には速やかにお支払いください。
  4. (4)退職金の算定上および年次有給休暇の権利にかかる出勤率の算定上は、育児休業により勤務しなかった日数および育児短時間勤務により勤務しなかった時間数は、「勤務したもの」と見なします。

※ 解釈に不安な部分やご不明な点については、遠慮なく事務課へおたずねください。

この育児休業規定抜粋版「子育て中の皆様へ」は、

【目標1】

平成22年中に作成した「育児休業に関する規定」の抜粋版を作成し、該当する職員およびその上司に規定の内容を正しく周知する。

【対策】

  1. (1)平成23年6月30日までに抜粋版を作成。
  2. (2)平成23年7月1日から8月31日の間に、該当する職員およびその上司に参加してもらい、抜粋版の配布と併せて説明会を行う。
  3. (3)平成23年10月に行う予定の職員全体集会において、全職員に説明を行い、職員の子育てに対する協力姿勢を求める。
  4. (4)平成24年4月に、平成23年4月から24年3月までの、規定に基づく休暇・協業・短縮労働・深夜業の免除などの実績をまとめ、報告書を作成しホームページ上で公開する。
  5. (5)平成24年4月から5月にかけて、新たに該当となった職員および新たに上司となった者に対して、抜粋版の配布と説明を行う。
  6. (6)上記 (4) の報告書を作成し、平成25年4月にホームページ上で公開する。
  7. (7)平成25年度も同様。
  8. (8)この3年間の取り組みを評価し、平成26年度以降の行動計画を策定する。

とした希望館行動計画に基づき作成・配布しています。

PAGETOP